言語選択

久石譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ2021

※WDO2021振替公演決定のお知らせ※
緊急事態宣言を受け中止となった「JOE HISAISHI&WORLD DREAM ORCHESTRA 2021」4月25日(日)、27日(火)の2公演の振替公演が決定しました。

2021年4月25日(日)すみだトリフォニーホール
【振替日程】→ 2021年7月26日(月)開演18:30
       すみだトリフォニーホール

2021年4月27日(火)東京芸術劇場 コンサートホール
【振替日程】→ 2021年7月25日(日)開演15:00
       東京芸術劇場 コンサートホール

先行受付を6/18(金)~6/21(月)に実施します。
中止公演の購入者の皆様は申し込み条件を満たしていれば必ずご購入いただけます。
中止公演をご購入いただいていない皆様も先行受付に申し込みいただけます。
上記購入者を優先した当落結果になることをご了承ください。


中止公演を購入したお客様へのお願い
  • 有効となる申し込みは、以下1)~5)の条件を満たした申し込みとなります。
    いずれか1つでも条件に満たないお申し込みの場合は落選となります。
    1)
    当初ご購入いただいた同じ会場の振替公演への申し込み
    2)
    当初、ご購入いただいたプレイガイドでの申し込み
    3)
    当初、Web申込のお客様は「当初ご購入時と同じ会員ID」での申し込み
    4)
    当初、店頭(イープラスはFamiポート、ローソンチケットはLoppi)でお申し込みのお客様は、まずWeb会員登録のうえ「当初のご購入と同じお名前・電話番号」での申し込み
    5)
    当初のご購入と「同じ枚数」または「当初より少ない枚数」での申し込み
  • 今回の先行には先行による手数料が発生することをご了承ください。(日テレゼロチケ除く)
  • お席の位置は当初お持ちだったお席からは変更になります。

振替公演先行抽選受付
2021年6月18日(金)12:00~6月21日(月)23:59

▼イープラス・読売新聞オンラインにて中止公演を購入されたお客様
https://eplus.jp/sf/word/0000108762

▼ローソンチケットにて中止公演を購入されたお客様
https://l-tike.com/classic/mevent/?mid=565033

▼日テレゼロチケにて中止公演を購入されたお客様
https://l-tike.com/ntvzero/event/wdo2021.html


一般発売
2021年7月3日(土)10:00~


2021年6月18日
主催:日本テレビ/読売新聞社/イープラス/ローソンチケット/第一通信社
久石譲と新日本フィルによるワールド・ドリーム・オーケストラ
2年ぶりの公演決定!
待望のシンフォニーNo.2、いよいよ完成。
そして交響組曲「もののけ姫」完全版を披露!

NEWS 最新情報

  • [2021.07.16]
    7月25日公演のライブ配信が決定!視聴チケットも受付スタート!
  • [2021.06.18]
    緊急事態宣言を受け中止となった4月25日(日)、27日(火)の2公演の振替公演が決定しました。
  • [2021.04.27]
    4月25日のすみだトリフォニーホールと4月27日の東京芸術劇場公演のチケット払い戻し方法について更新いたしました。
  • [2021.04.24]
    緊急事態宣言を受け、4月25日のすみだトリフォニーホールと4月27日の東京芸術劇場公演を中止いたします。
  • [2021.04.13]
    シリーズ初となるライブ配信が決定!視聴チケットも受付スタート!

ARTISTS & PROGRAM 出演・曲目

― ARTISTS ―

指揮:久石譲

ソプラノ:林正子(4/21・22・24公演)
安井陽子(7/25・26公演)

管弦楽:新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ

コンサートマスター:豊嶋泰嗣

― PROGRAM ―

久石譲 交響曲第2番(世界初演)

久石譲 Asian Works 2020(世界初演)
Will be the wind ほか

久石譲 交響組曲「もののけ姫」 2021

※曲目・曲順は変更になる可能性がありますのでご了承ください。

TICKET チケット

― SCHEDULE ―

京都
2021年4月21日(水) 
開演18:30(開場17:30)
京都コンサートホール 大ホール
お問い合わせ 
リバティ・コンサーツ 06-7732-8771
(平日・土曜11:00~16:00)
兵庫
2021年4月22日(木) 
開演18:30(開場17:30)
兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
お問い合わせ 
リバティ・コンサーツ 06-7732-8771
(平日・土曜11:00~16:00)
東京
2021年4月24日(土) 
開演15:00(開場14:00)
すみだトリフォニーホール
お問い合わせ 
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
(平日月~金12:00~15:00)
東京
2021年4月25日(日) 
開演15:00(開場14:00)

【振替日程】
2021年7月26日(月)
開演18:30(開場17:30)

すみだトリフォニーホール
お問い合わせ 
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
(平日月~金12:00~15:00)
東京
2021年4月27日(火) 
開演18:30(開場17:30)

【振替日程】
2021年7月25日(日)
開演15:00(開場14:00)

東京芸術劇場 コンサートホール
お問い合わせ 
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
(平日月~金12:00~15:00)

― TICKET ―

全席指定:9,500円(税込)

※未就学児入場不可
※販売する客席のキャパシティは各都道府県のガイドラインを踏まえて決定します
※映像収録が入る場合がございます。あらかじめご了承ください。

振替公演先行抽選受付

2021年6月18日(金)12:00~6月21日(月)23:59

※受付終了しました

一般発売

7/3(土)10:00~

※受付終了しました

主催:ワンダーシティ/(公財)新日本フィルハーモニー交響楽団/日本テレビ/読売新聞社/イープラス/ローソンチケット/第一通信社
協賛:イオス コーポレーション
制作:プロマックス
運営:東京 サンライズプロモーション東京/京都・兵庫 キョードー

※7/25 東京芸術劇場公演における手荷物検査の実施※
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴い、東京芸術劇場公演ではセキュリティ対策強化のため、手荷物検査を実施します。公演当日はお時間に余裕を持ってお越しくださいますようお願い申し上げます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のための取組みとご来場のお客様へのお願い※
開催にあたっては、会場の基準を踏まえ、以下の感染拡大予防対策を講じ、ご来場の皆様の安全と安心を確保できるよう努めてまいります。なお、本公演は政府、都のガイドラインを踏まえ、キャパシティの100%で実施いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。
出演者、スタッフはリハーサル時から検温、消毒等の感染対策を行ったうえで公演に臨みます。また、ご来場のお客様におかれましても、ご体調管理やマスク着用、消毒対策等にご協力くださいますようお願い申し上げます。
ご来場についてのお願い事項
  1. 発熱、風邪症状がみられる場合はご来場の自粛をお願いいたします。
  2. 2週間以内に海外への渡航歴がある方、新型コロナウイルス感染症陽性の方(もしくは疑いのある方)との濃厚接触があった方はご来場の自粛をお願いいたします。
  3. 入場の際、手指のアルコール消毒にご協力をお願いいたします。
  4. ホール内ではマスク着用をお願いいたします。マスクの着用がない場合は入場をお断りさせて頂きます。
  5. 入場時に検温(非接触型検温器)させていただきます。計測結果によっては、ご入場をお断りすることがあります。
  6. 入場時・休憩時(お手洗いでの列)・終演後の退場時等の行列では、前後の距離を最低1メートルは確保していただけますようお願いいたします。
  7. 開演前、休憩時、終演後の際は極力会話をお控えくださいますようお願いいたします。
  8. 「ブラボー」等の掛け声は禁止とさせていただきます。
  9. ロビーでのご飲食は極力お控えください。薬の服用や水分補給のために必要な飲料水はご自身でご持参ください。
    ※状況によりドリンクコーナー等の営業を再開しているホールもございます。各ホールのウェブサイトにて最新の情報をご確認ください。
  10. 出演者への面会、花束・プレゼント等はお預かりすることができませんので予めご了承ください。
  11. 入場・退場時には密集にならないよう制限をかける場合がございますので、お時間に余裕を持ってお越しください。
  12. スタッフは全員マスクもしくはフェイスシールドを着用いたします。受付等でお客様と接するスタッフは衛生手袋を着用しご対応をさせていただきます。
  13. 公演中に体調がすぐれない場合は、すみやかにお近くのスタッフまでお申し出ください。
  14. 感染者が発生した場合、チケットご購入者またはご来場者様の個人情報は、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただきます。
  15. 新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(※)を利用くださいますようお願いいたします。 ※COVID-19 Contact Confirming Application
(厚生省HP)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

Profile

久石譲

久石譲国立音楽大学在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。1981年「MKWAJU」を発表、翌1982年にファーストアルバム「INFORMATION」を発表し、ソロアーティストとして活動を開始。1984年の映画『風の谷のナウシカ』以降、宮崎駿監督作品の音楽を担当したほか、『HANA-BI』『おくりびと』『悪人』『かぐや姫の物語』『家族はつらいよ』シリーズ『海獣の子供』など、話題作の映画音楽を多数手掛け、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、2009年紫綬褒章を受章するなど数々の賞を受賞。
演奏活動においては、2004年、「新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ(W.D.O.)」の音楽監督に就任。毎年海外公演を含むツアーを実施している。また2017年から「Joe Hisaishi Symphonic Concert: Music from the Studio Ghibli Films of Hayao Miyazaki」の世界ツアーをスタートし、パリ、メルボルン、ロサンゼルス、ニューヨークなどで開催し、大成功を収めている。近年は、ホルン協奏曲「The Border」をはじめ「TRI-AD for Large Orchestra」「THE EAST LAND SYMPHONY」などの作品づくりにも意欲的だ。また、海外では、フィリップ・グラスやデヴィット・ラング、ニコ・ミューリーなど世界のアーティストとのコラボレーションをはじめ、香港フィルハーモニー管弦楽団、台湾国家交響楽団、ロンドン交響楽団、メルボルン交響楽団、アメリカ交響楽団、シンガポール交響楽団などの指揮を執る。
2014年より、久石譲プロデュースによる世界の最先端の“現代の音楽”を紹介するコンサート・シリーズ「MUSIC FUTURE」を始動。2018年のVol.5では、作曲家デヴィット・ラングとの競演が実現。東京公演のみならず、カーネギー・ザンケルホールでのニューヨーク公演を成功させた。2019年には、新たなプロジェクトとしてクラシックを作曲家の視点で指揮するコンサートシリーズ「フューチャー・オーケストラ・クラシックス(FOC)」を開始。「久石譲 ベートーヴェン:交響曲全集」をリリースし、2019年度第57回レコード・アカデミー賞特別部門特別賞を受賞した。さらに、2020年9月から新日本フィルハーモニー管弦楽団のComposer in Residence and Music Partner、2021年4月から日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者を務めるなど、作曲家として”現代(いま)の音楽”を伝える活動も精力的に行っている。

オフィシャルサイト http://www.joehisaishi.com/

林正子(4/21・22・24公演)Masako Hayashi

林正子東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程修了。安宅賞受賞。ジュネーブ音楽院ソリスト・ディプロマ取得。00年トゥールーズオペラ国際コンクール入賞。ハンブルグ国立歌劇場製作「皇帝ティトの慈悲」ヴィテーリア、「ファウストの劫罰」マルグリット、「サロメ」サロメ、「ナクソス島のアリアドネ」アリアドネ、「薔薇の騎士」元帥夫人、「ローエングリン」エルザ、「魔笛」パミーナ等を演じている。また、NHKのニューイヤーオペラコンサート、名曲アルバムに出演。コンサートでもアルブレヒト、シモーネ・ヤングなど国際的指揮者との共演も数多い。クラシック以外では、コンピレーションCD “image” ベスト盤「イマージュ・エッサンシェル」に参加、ロックの名曲をカバーした「FANTASMA vol.II」、をリリース。宮崎駿監督映画「崖の上のポニョ」ではオープニング曲「海のおかあさん」を歌う。2021年8月と11月には国際的なオペラプロジェクト「ニュルンベルクのマイスタージンガー」エーファ役での出演予定。現在は欧州を拠点に活動している。


安井 陽子(7/25・26公演)Yoko Yasui

林正子桐朋学園大学卒業。同大学研究科を経て二期会オペラ研修所マスタークラス修了後、文化庁在外研修員として渡墺し、ウィーン国立音楽大学研究課程修了。
在墺中、クラーゲンフルト市立劇場にてヘンツェ『若き貴族』イーダで欧州デビュー。その後、フォアアールベルク音楽劇場にて『魔笛』夜の女王を、ブレゲンツ音楽祭及びザンクト・ペルテン音楽祭にてオッフェンバック『青ひげ公』ロザリンデ等を演じ、現地新聞評で高い評価を得た。
帰国後の2008年、二期会『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタで本格的に国内デビューを飾り、卓越したテクニックと豊かな表現力で脚光を浴びる。その後も新国立劇場『ファルスタッフ』ナンネッタ、『ホフマン物語』オランピア、日生劇場『フィデリオ』マルツェリーネ等に出演。とりわけ『魔笛』夜の女王は、新国立劇場をはじめ日生劇場、二期会等様々な舞台で演じ高い評価を得ている。
コンサートでも、主要オーケストラや著名指揮者らと数多く共演。殊に「カルミナ・ブラーナ」は国内で最も指名の多いソプラノとして、その評価を確固たるものとしている。
今後は、2021年9月二期会『魔笛』夜の女王、2022年4月新国立劇場『ばらの騎士』ゾフィーに出演予定。二期会会員


新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ

新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ

(C)K.MIURA

WORLD DREAM ORCHESTRAは2004年夏、新日本 フィルハーモニー交響楽団が作曲家・久石譲を音楽監督に迎え立ち上げたプロジェクト。『世界中に素晴らしい曲がたくさんある。ジャンルにとらわれず魅力ある作品を多くの人々に聴いてもらおう』という願いが、このオーケストラ活動の最大のテーマとして掲げられている。
全国各地でコンサートを開催し、08年には日本武道館で開催された「久石譲 in 武道館」にも出演。15年からは、テーマの一つとして久石譲が作曲したスタジオジブリ作品の音楽を交響組曲にするプロジェクトがスタート。これまで「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「千と千尋の神隠し」などを披露している。16年に初の海外公演先として台湾を訪れ、17年にはソウルにて2日間の公演を実施。18年には中国・深センでアリーナ公演を成功させた。

オフィシャルサイト http://www.njp.or.jp/